■ メイン
■ ツアー
■ ギャラリー
■ ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

レポート一覧

2009年パラオツアー

初日(移動日)からエクサイチングなSMDCツアー
2009年3月14日(土曜日)   

待ちに待ったこの日がとうとうやってきた!今日は楽しいパラオ行き。
数日前から胸のモヤモヤを払拭できずにいたが、きっと忘れ物か何かだろうと気楽に考えていた。パスポート&お金&命さえあれば何とかなる!と自分に言い聞かせ、小雨と生暖かい強風の中、駅へと向かった。

まだこの時点では、待ち構えている「事件」に気づいていない。
 (「事件」を飛ばしたい方は■■■の下からお読みください)

今から思えば、お天気チェックをもっときちんとしておくべきだった。
品川駅に朝の7時半に着き成田エクスプレスを待っていたら、しばらくして「千葉方面電車はすべてストップ」という放送が流れ出した。
成田って・・・千葉だっけ。
駅員にきいても、天候のことゆえなんとも言えないとの事。
成田乗り捨てのレンタカーをしてみようか、品川プリンスからのバスに乗ろうか、はたまたこのまま品川駅で待っていようか、電話をかけまくっているうちに30分経過。やばいやばい、さすがに暢気な私も焦ってきた。
そこに、アジア方面から来ていたらしい若い観光客カップルが目に入った。彼らも大きなスーツケースを抱えて、困っているらしい。というか彼らだけでなく飛行機の時間のある人全員が困っているだろう。私は二人に声をかけ、一緒に山手線経由で日暮里から京急スカイライナーに乗る決心をした。彼らを引きつれ、急いで山手線へ。

このまま順調にいっても空港着が9:45。飛行機発は10時半・・・。
旅行会社は9時半以降は責任持てませんと言っているらしい。こういう時に限って飛行機は遅延していない。もう駄目なのかもしれない・・・と絶望的に思う一方で、学生時代に出発20分前に空港についてカンボジアへ旅立っていった友人を見送ったことを思い出した。成田は親切だからなんとかなるかもしれない。最後まで諦めてはいけない!と自分を奮い立たせた。私の頭の中のスクリーンには、人いっぱいの飛行機に、私が「すみませんすみません」と謝りながら通路を歩いて席に座るシーンが何度も何度も映し出されていた。

スカイライナーでは、空港にいる幹事さん達の働きのおかげで、旅行会社の方や、コンチネンタル航空の方からお電話をいただき、状況確認は出来ていた。悪天候のためスカイライナーは15分遅れて到着。生きた心地がしない中、空港に着いたとたんに猛ダッシュ。ダッフルバッグを何度も落としそうにしながら23kgのスーツケースを押して、引っ張って、走った。不幸中の幸いというのであろうか、チェックインカウンターも出国審査もガラガラ。ゲートまで走ったらなんと・・・まだ搭乗は始まっていなかった。

SMDCメンバーは全員とっくに到着しており、私を拍手で迎えてくれた。
記念撮影。

間に合った!!!

■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

乗り継ぎのグアムまでは3.5時間。グアムではいったん、米国入国審査を受ける。
4時間の待ち時間のはずが、飛行機遅延のため6時間に。
18時過ぎた頃から空港内のお店が閉まり始め、人もまばらで寂しい雰囲気になったが、SMDCメンバーはツアーブックを読んだりビールを飲んだり仮眠をとったりゴシップ雑誌に没頭したりと、思い思いの時間を過ごした。
                                                                 

グアムからパラオは直行かと思いきや、中間地点のヤップで飛行機はいったん着地。そして飛行機の半分の人は降ろされ待合室に行かされた。
                                
セキュリティーチェックが入るのだ。飛行機の座席を1つ1つ点検し、半分が終わると、機内に残っている人たちを移動させて、もう半分の点検が始まる。機内にいる人も、外に出された人も、ただひたすら待つしかない。1時間くらい経っただろうか。

                                

ようやく本日3度目の離陸をし、1時間弱でパラオ到着。ぎりぎり日付の変わらないうちに現地入りすることが出来た。
メンバー10人、元気に明日からいよいよダイビング開始だ。

 


持ち物リスト!
2009年3月25日(水曜日)   

初めての海外ダイビング、楽しかったです。
海外を知っちゃった今、伊豆に戻れるかなぁ・・・(笑)

ダイビング慣れしている方には不要な情報ですが、
初心者&女子の観点から、私が今回持っていって良かった!と思った、
もしくは持っていけばよかった・・・と反省した持ち物リストを公開します。
参考になれば嬉しいです。

持って行って便利だったもの:
・痒み止め(蚊が少しいたようです)
・ボートの上で食べるお菓子(お腹すくのです・・・)
・予備の日焼け止め(たっぷり使いましょう)
・カレントフック(流されなくてよかった・・・)
・水中ライト(洞窟で大活躍)
・ウィンドブレーカー(一日中濡れているのでボートの上、寒くなります)
・防水バッグ(安心してボートに放置しておけます)
・コラーゲン&ビタミンCたっぷりのパック(毎晩使いました。ヒリヒリなどがすぐに治まります)

持って行けばよかったもの:
・予備の水着(一晩じゃ乾ききらない)
・水着等を干すもの(ホテルに干す場所があまりない)
・魚の本(もっと勉強しようと思いました)
・水泳キャップ(髪が邪魔!)
・ビタミンCサプリ(中からも摂り入れよう。日焼け防止に効くそうです)

不要だったもの:
・帽子(ボートに屋根がついていたから)
・一部服(持って行き過ぎたようです。日中は水着とウェットで過ごすので、2~3着を着まわしてれば充分)
・一部お菓子(持って行き過ぎたようです)
・本(読む前に寝ていました)
・レインコート(ウィンドブレーカーで充分)


富戸ツアー
2009年8月9日(日曜日)   

2009年は日帰りツアーが足りない、という事で8/9にSMDC臨時ツアーを決行しました。


★ダイビング前〜Intro〜
SMDC的には初(らしい)の「富戸ツアー」。
川奈、IOPは毎年ツアーが開催されるので
メンバーに馴染み深いようですが、
今回は日帰りで富戸にチャレンジしてみました。

ゲスト4名、SMDC6名。
ダイビングスタイルは「ビーチ」です。

2本とも「脇の浜(ワキノハマ)」というダイビングポイント。
本当は「横浜(ヨコバマ)」というポイントもありますが、
この時期特に目玉生物が無いとの事で、「脇の浜」に絞りました。

 

★ダイビングの状況
【1本目】
久しぶりにダイビングをする人もいたので、1本目はゆっくり、のんびりと。
・砂に埋まったホタテウミヘビ(触ってみました)
 

・しっぽが丸いヒラタエイ
 

・地味に見えるけどヒレの内側が鮮やかな黄色のサツマカサゴ
 

後半の砂地で、全員集合して写真撮影。

【2本目】
ターゲットはアオリイカの産卵。
ちょっとだけ一生懸命泳いでたどり着いたところに
いましたいました。たくさんのアオリイカ。
私たちは息を潜め、海底に這いつくばり、見上げる形でしばし観察をしていました。
大きいオスが、6本の足をきれいに開いて体の小さいメスに求愛。
どこもかしこもカップルだらけのアオリイカワールド、ふわふわヒラヒラと、幻想的でした。

 

                      ↑この白いのが卵です。

 

でも恋が成就したカップルはお見かけできませんでした。

がんばれ、オス。

その他には、前に進むアサヒガニもいました。

 

気温:30度
水温:25度
透明度:10m前後

 

★ダイビング後
お盆時期の日曜日。渋滞は火を見るより明らか。
本当はさらに南下したところにある温泉へ行く予定でしたが
伊東にて花火大会がある事が判明しました。花火渋滞を避けるため
北上し、湯河原の温泉へ行こう!と急遽予定を変更。
でもでもでも。
富戸から湯河原まで本来1時間もかからないはずのところが、
2時間半もかかってしまいました。

普通に帰宅渋滞にはまったのです。

おかげで、湯河原の「湯とろ」に着いた頃には
「ご飯」か「温泉」か。
もしくは両方狙う人はどちらも猛スピードでこなすか。
になってしまいました。

温泉施設は、内風呂はともかくとして、露天風呂が広くて
種類も豊富ですごく良かったです。時間がもっとあれば
楽しめたのに。心残りです。
http://www.yutoro.co.jp/

 

★その他
■利用したショップの良い点
・ダイビング前後には眺めのよい「温泉丸」に浸かって
WETを着たり、温まったり、仲間と談笑可能
・ショップから道を渡るともうそこはダイビングポイント
・機材は全てショップの人が運んでくれる
・クラブハウスが今年改装されたばかりなので綺麗

■今後への留意点
・駐車代に1000円かかる
・今後はランチ代に650円かかる
・機材洗い場はショップではなく、共有施設で行う。
 よって、人も多いのですぐに水が汚くなる。

■美容&ダインビング
・知っている人は当然のように知っていますが、
 海からあがったら機材のケアはそこそこに、
 まずは一目散に髪と顔を真水で洗い流しましょう。
 海水はミネラル豊富でお肌を綺麗にしてくれるそうです(ショップ女性陣談)
 夏は汗をたくさんかいてデトックスにもなりますよね。
 重い機材をしょって、適度な筋肉引き締め運動にもなります。
 ダイビングは美容に悪くないスポーツではありますが。
 でも、塩分は長時間、髪やお肌に放置しておくものではありませんので
 乾かないうちにさっさと洗い流してしまいましょう★
 休息時のビタミンC摂取と日焼け止めの塗りなおしもお忘れなく。 :lol:

 


早組と遅組
2010年5月6日(木曜日)   

今回のロタツアーはSMDC史上最多人数(?)の14名。
ショップの2隻の船は6人乗り。14名入りきりません!
ということで、2手に分かれてのダイビングとアイなりました。

チームが違う人たちとは、
早組と遅組が入れ違うタイミングでしか、会えません。
なので、そのたびに、お互いの写真を撮り合い、
↓こんな感じ

                                
 
見た生き物の情報交換をし、お互いが見えなくなるまでずっと手を振り、別れを惜しみ(?)ました。
全員の集合写真もこのタイミングでパシャッ。

 


ココナッツビレッジでディナー
2010年5月7日(金曜日)   

今晩は、The Rota Hotel から車で5分ちょっとくらいの所にある
ココナッツビレッジホテルでディナー。
いい感じです↓


 

チャモロディナーコースと、パエリヤを
4〜5名分づつ予め頼んでおき、あとはフリーで注文。

 

ロタのお食事は、分量がとってもお上品(=少な目)なのです。
なので、メニューにあるお肉料理を片っ端から追加。

                                

14名プラス2名のゲストで、お店は貸切状態でした。


 

写真はありませんが、ここのお店のおじさん(?)が
天文望遠鏡で土星を見せてくださいました。
ワッカがきちんと見えました。
また、我々の要望により、南十字星を見に皆で外へ。
南十字星はまだ低い位置にいました。あいにくの雲で、
見えたり見えなかったり。ほろ酔い気分の中、
「え?どれ?」「あれ?」などと口々に叫びながら、ロタの
満天の夜空も満喫しました。


タポチオ山 リベンジ!
2010年5月9日(日曜日)   

2009年11月のサイパンツアーの際にたどり着く事の出来なかった「タポチオ山の頂上」。
今回は、KT氏 「最終日幹事」の指揮のもと、荷台に乗ってテッペンを目指しました。
↓荷台の感じ (かなりぎゅーぎゅー)日差しは強いけど、風が心地よかったです。

                                
 

頂上!皆で記念写真です。


 
戦争に関する説明書きボードが数点置いてあり、
ガイドによるとまだ骨が眠っているエリアもあるとの事でした。

 

今度はこれに乗って来たいです ^^

IMG_3975D.JPG


今年もやります!
2010年5月19日(水曜日)   

SMDC毎年恒例の「海の映像・写真展」
今年も開催!その様子をレポートいたします。

ポスター横.jpg   ポスター縦.jpg


準備
   

3月頭にキックオフ会議を開催。ここから全てが始まります。
作品とりまとめ(静止画、動画)、ポスター、会場確保、案内発信、等々
こまごまとした作業は盛りだくさん。
1項目づつにリーダーをつけ、3ヵ月後の本番に向けて各々に動いてもらいます。

ワーク項目.jpg

スタッフの皆さん、
本業が超忙しいとは思いますが、よろしく頼みますね★


【品川エリア編】 @本社3F 中会議場
2010年5月20日(木曜日)   

5/20(木)は本社で。今年は中会議場にチャレンジ。
19時開始とともに、お客様がご来場。
途切れることなく、会場は常に賑わっていました。

「よろず相談コーナー」にも人が常に立ち寄ってくれました。

準備時間がいつもよりも短めにしか確保できませんでしたが
おかげさまで大盛況のうちに、無事に終了♪

設営担当のKYさん始め、良い写真展にしたい!という
強い気持ちを持って奔走してくださったスタッフの皆様
どうもお疲れ様でした。

≪会場の様子≫

                                

≪マリンパックとカメラの展示、水中モードデモの様子≫

≪写真展はこちら 看板≫

 

写真展終了後は、打ち上げ・懇親会・歓迎会へ移動!
幹事HWさんのMCのもと、陽気な宴となりました。

:pint:

 


【厚木編】 @厚木1テック 105G-C303共通会議室
2010年6月3日(木曜日)   

今回厚木は、直前にまさかの会場変更
というハプニングに見舞われましたが、
逆境に強いYOさん、YTさんのおかげでこちらも
無事に乗り切ることができました。ありがとうございます。

去年までの厚木展は、食堂前の広場を使って展示しておりましたが
今年は品川エリア同様に会議室での実施を試みてみました。
じっくり見ていただく事が出来て、良かったのではないでしょうか。

 

≪会場の様子≫

                                  

≪水中でも サッとひとふり “スイングパノラマ” 写真≫
      
サイバーショットの ↑ カタログに載った事もアピール

 

≪活動の紹介≫

≪動画上映中≫

≪説明テーブル≫

 

写真展終了後は、楽しい楽しい打ち上げです。
幹事SIさん、お疲れ様でした^^

 

 


来年に向けて
2010年6月17日(木曜日)   

毎年、写真展終了後に反省会を行います。
事前にスタッフに記入してもらった
「ポストモーテム」用紙をもとに、
蓄積したノーハウを翌年にいかしているのです。
今年も色々とコメントが出ましたねー。フムフム。

というわけで、
来年の写真展も、どうぞご期待ください♪

:-D :-D :-D


今年の写真展ポスター
2011年4月1日(金曜日)   

よこ.jpg     たて.png

 

今年のポスターはこんな感じです。

 


やっぱりこれでしょう!
2011年5月6日(金曜日)   

「JACUZZI」 X 「Orion BEER」
ダイビング後、至福のヒトトキでございます。

 

YHさんがリクエストしてくれたので、
ショップのJacuzziが使える事になりました。
す・て・き。
一日中、海で過ごした後は、温まりたいですよね。

そしてお風呂に浸かれば喉が渇く・・・
ORIONビール、欲しくなっちゃいますよね。

「ぷはーっ!」

↓皆、集まってきました:

IMG_8249.JPG

 

 

↓最後まで浸かっているN氏。

(でもちょっと寂しい?)


A&Wナイト
   

沖縄料理(初日)も宮古牛(2日目)も堪能した3日目の晩は、
2手に分かれてディナーをしました。
1グループは「さんご家」でお魚を。彼らが具体的に何を食べたかは知りません。

私たちグループは、そりゃもう。
沖縄にきたらA&Wでしょう!
ということで、アメリカンな夜を過ごしました。

A&Wは沖縄本島にはありますが、
離島では宮古島と石垣島にしかないそうです。
本当は那覇空港で食べてもよかったのですが
帰りの便の乗り継ぎ時間が20分しかないっ。

私とYHさんは、メインのハンバーガーよりも
「チリビーンズ」と「チーズ」の乗った「カーリーフライ」目当て。
「カーリーフライ」で頭の中がいっぱいでした。

きゃー!たまらないっ!!!

 

私はこれに、「ルートビアフロート」を付けちゃいます。


(飲みかけの写真ですみません。バニラアイスが乗っています)

OIさんによるとタイにもA&Wはあるのですが
「メニューが違う」らしいです。どうやら相当違うようで、
「そっかー、A&Wってこういうところだったんだー」
と言ってハンバーガーを頬張っていました。
さすがに名物「ルートビア」はお口に合わずだったようです。

一方でYN氏はまずいまずいと言いながら「ルートビア」をお代わり。

手軽にお腹がいっぱいになったところでは、まだまだ終わらないですよ。
A&W組は「Baskin Robbins」へと移動して
キャンペーン中の「スモールサイズダブルアイス」を平らげました。

この日のディナーの摂取カロリーは秘密です。

 


サプライズのサプライズ
2011年5月7日(土曜日)   

ツアー途中で400本記念を迎えたOI氏のためのケーキがこれ↓

        

ツアー最終日に300本記念を迎えたYN氏のケーキはこれ↓

        

 

あらら?
本数に比例してケーキのサイズも変わるのかな?

と思っていたらなんと。
最終日のBBQ中に、なんとも嬉しいサプライズが!

SONY DSC

YN氏、せっかくの記念ダイブお祝いだったのにすみませんね〜
でも「嬉しいことは倍」という事で
幹事・副幹事はじめ、ツアーメンバーの皆さま、
素敵なお心遣いをいただきどうもありがとうございましたm(_ _)m

こんなサプライズも演出できちゃうなんて。
さすがSMDCだなぁ♪
一生の記念にします。

YN&MM

 


宮古島でお買い物♪
2011年5月9日(月曜日)   

沖縄の言葉で塩のことを「マース」って言うんですね。
今回、初めて知りました。

こちら、「マース屋」さんで見つけたお塩(おしお)です。
ジェノバ塩


店内には色々な味の塩があったのですが
試食したらダントツNo.1でこちらのジェノバがいけてました。

(トマトにかけたら美味しかったです。
 我が家はこれにモッツァレラチーズとオリーブオイルで
 手軽にカプレーゼしちゃいます)

 

そしてこちらは幹事Yパンに教えてもらった
宮古島における代表的な泡盛くんたちです。

 
「宮の華」「菊之露」

いつ飲もうかな〜♪   :pint:

 


宿毛
2011年9月9日(金曜日)   

 

                               車掌さんがきて、アンパンマンのハンコを押してくれます。

前出の記事で、南風23号に乗ったことはすでにご存じかと思いますが、私たちの目的地の 「宿毛

さて、これは何て読むでしょう?

 

「シュクモウ」「ヤドゲ」ではありませんよ。

 

 

正解は・・・ スクモ。 読めましたか?


月光浴
2011年9月11日(日曜日)   

9/12は中秋の名月。

そのイブに、宿の前から撮りました。


おまけ盛りだくさん
2012年6月24日(日曜日)   

ハイキング中にサルを発見!しかも沢山。

N下氏が威嚇されていました。

                                 

 

そして、くたくたになった一日の終わりにはソフトクリーム!

極上でした〜。

 DSC_0448.jpg

 

帰りの高速パーキングエリアでは、つばめの赤ちゃんを発見。

YHさんとひたすら観察しまくり、首が痛くなりました。


東海汽船!
2012年8月10日(金曜日)   

22時20分に出航した東海汽船。

お盆時期ということもあり東海汽船は満席、甲板も大賑やかです。

幹事H君(a.k.a Paris)が先に入って甲板のベストポジションを確保!

 

まずは全員が無事に乗船できた事を祝って乾杯!

 

恒例の夜景なども楽しみながら順調に飲み会は進みます。

レインボーブリッジの下をくぐる時の迫力は何回体験しても飽きません。

 

東京タワー♪

 

羽田空港の横を通り過ぎる時は、ちょうど着陸するためにゴーっという音を立てて

飛行機が船の真上を通過。これもちょっと興奮します。

 

 

しかし船の音に加えて周りが賑やか過ぎ&風が強かったので、移動。

だってせっかくの1等なんですもの。

誰かのおうちの部屋飲みみたいになりました。

 

ほどなくして力尽きた私&数名はこのまま部屋のすみで就寝。

どうやら飲んだくれて締めのカップラーメンまで食べちゃう若者が若干名いたようですが

その辺の様子&翌朝の悲惨な状況はもしかしたらきっと誰かが書いてくれる・・・かもしれません。

 

 

 


イルカ
2012年8月11日(土曜日)   

待ってました!イルカに癒されようツアー、ドルフィンスイム。

今回はドルフィン&ノンドルフィンの2チームに分かれて行動。

「せっかくダイビングしに来たんだから・・・」と言ってノンドルフィンチームは2本目・3本目を潜りに行ってしまいました。

 

残った私たちは、ボートダイビングでもお世話になった船長の船で、御蔵島へ出発!

三宅島から40分くらいのところにあります。

この日は、気持ちいいくらいのべた凪で、船はあまり揺れず。

ただし!自称「雨女」のAちゃんが実力を見せてしまいました。

三宅島は快晴だったのに、御蔵島に近づくにつれどんどん曇っていく空。

ドルフィンを開始するころにはなんと、雨!

 

まぁ、どうせ濡れるしイルカと遊ぶには関係ないですけどねー。

透明度は10〜15mくらいといったところでしょうか、決して良くはないです。

でも、いましたいました、イルカたち。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

潜ってばかりでシュノーケルの私たちにとってはちょっと遠い存在でしたが、

子連れだとそうなるらしいです。とはいえ、水面近くでおなかをみせて回転している子もいて

癒されまくり!


 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらの船の上にいるのが船長。

昔、船の高い位置から水面下の陰を見つけるカジキマグロ漁をしていた事もあり

イルカを探し当てる腕(目)は三宅一だそうです。

「そこにいるぞ、おらおら、お前ら、いけー!泳げーーー!」と叱咤激励され、

私たちも無事にイルカに会うことが出来ました。ありがとうございました。

 

 

 

 


神子元の海
2012年8月18日(土曜日)   

初めてのハンマー!

リバーではなく、単体でしたが・・・。

 

神子元はそんじょそこらの海とは違い、ある程度の経験が必要です。

複雑に入り組んだ地形のため、潮の流れもひときわ複雑。

急なダウンカレント、アップカレント、ならびに複数の層に分かれる流れ。

万が一ロストしてしまった場合のガイドからの説明にも余念がありません。

 

私はといえば初・神子元のため、念入りに下調べをした後、いつもよりも緊張感を伴いショップへ向かいました。

カメラ撮影なんてとうてい無理だろうと、最近購入したばかりの一式はお留守番。

BCのポケットに入る3年くらい前のモデルのカメラを持っていきました。

 

結果としては、流れのあまりない、穏やかな海でした。

でも、たまたまなので、もし次回もチャンスがあった時はきっとまたすごく緊張すると思います。

 

神子元の海はこんな感じ。いたるところに魚魚魚。(ぎょぎょ!)

 

中層での安全停止中にニザダイの大群がすぐそばまでやってきました。

 

かんぱち。この写真じゃ分からないけど、こちらも群れていました。

 

そしてそしてそして!!!興奮のその時がやってきたっ!!!

ハンマーヘッドシャーク!!!

え?見えない?

うっすらと影が写っているんですけど・・・。

もう一度。

 

微妙ですか?!

実際にはもっとはっきりと見えたんですけどね。

私もぜひとももっと間近で見てみたいものです。しかもリバーで。

これは、リベンジするしかありませんね。 緊張するけど。

 

後ろに写っているのが神子元島。

ボートで10分くらい?のところです。

通常はすっごく揺れるそうなので、船酔いしやすい人は酔い止め必須!

 

帰りは諸事情により豪華に踊り子スーパービュー!

伊豆下田から横浜・新宿経由、池袋までいっちゃうんですねー。

神子元はこのくらいの人数が丁度いいかも。

幹事のE君、どうもありがとうございました(写真に写っていないけど)!

 

 

 

 

 


はじまりはじまり
2017年4月17日(月曜日)   
移動日初日!
(若干1名はすでに現地へ行っており、若干1名は1日遅れてくるという事で、この日は11名)
成田空港で時間を潰すため&お腹が空いていたので、お蕎麦屋さんへ(ラウンジ行った2名は除く)。
真昼間ですがビール隊長Tが当然のごとくビールを頼むと「私も」「俺も」とつられてオーダー。
ビールがきて乾杯していると「おいしそう!やっぱり私も!」とノリのよいBちゃんも追加でオーダー。
楽しい旅になりそうです! :pint:

80 queries. 0.385 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress