■ メイン
■ ツアー
■ ギャラリー
■ ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

レポート一覧

2007年石垣ツアー

七夕
2007年7月7日(土曜日)   

あっという間にダイビング最終日。
みんなの自由奔放ダイブも板についてきた感じです(※1)。
アカメハゼに張り付いて写真を撮りつづける人。
自分の獲物を見つけて、やっぱり写真を撮りつづける人。
ガイドのTさんが3,4回鈴を鳴らさないと、誰もその場を動こうとしない。。。
ホントごめんなさい、Tさん。

でも、O西君の会心の一枚が撮れました!
まるで一眼レフで撮ったかのような出来です(※2)。
是非是非、見てやってください。
そして、夜は例によって飲み会です。
昨日に引き続きPLAUで飲むことに。
ショップスタッフのYさん、Uさん、Rさん、M君も加わってムードはまさに合コン!(男女比おかしいけど)

さらに、今日は七夕じゃないか!!
ということで、そのまま川平湾へ行って星を眺めることに。
東京では絶対見ることが出来ない星の数。むちゃくちゃ綺麗でした。

時間も忘れて砂浜にいたので、あっという間に12時を回ってしまいました。
今日も一日楽しかったです。

※1 自由奔放といっても、ちゃんと他の人の位置を確認してから張り付いてましたよ。
※2 実際はサイバーショットW200(内部ストロボ)で撮影。一眼レフは言いすぎか?


by yusuke
Nの記憶(AM5:00)
2007年9月15日(土曜日)   

ふと気づくと、誰かが肩をゆすっている。
ここはどこ…?

「もう降りますよ」
O君だ。胃の不快感と共に、記憶が一気に戻ってきた。
「そうだ、船で会ったドイツ人+αとビール飲みまくってたんだった。」

急いでキャリングバッグをつかみ、下船する人たちの列に。
そこから宿までの記憶はあるようなないような…


by yusuke
Nの記憶(続き)
   

ふと気づくと、みんながいなかった。
ここはどこ…?

犬がほえている。
…名前忘れた。とりあえず、また記憶が戻ってきた。
「そうだ、みんなダイビングにいっちゃったんだ。」

もう12時。5時間くらいは寝ただろうか。
気分はすっきり爽快。(ちょっと二日酔い)

とりあえずみんなに電話を入れてみる。

誰も出ない。
寂しい。寂しすぎる。

「もーそろそろお昼じゃないのかなぁ。俺のこと忘れ去られちゃったのかなぁ」
ゴロゴロしていたら、1時間後くらいに電話があった。
本日2本目は野田浜に行くらしい。

もちろん参加。
水に入るまでは、「ちょっとだるいなー」って思っていたけど、水に入ったら気持ち良い!
二日酔いもぶっとびますな。

ハマフエフキに迎えられ、コガネキュウセンなどなどかわいいお魚満載の楽しいダイビング。
個人的にはキリンミノカサゴがお気に入り。
腰までしかつからない所まで戻ってきたところで、かわいいクマドリカエルアンコウ君とご対面。
なぜ君はこんなところに…

まぁ、そんなこんなで、私の99本目のダイビングは終了いたしました。

ちなみに、以下は竹芝から大島までのGPSログです。
部屋に帰るまでのログをとっていたのですが…もう大島ついてるじゃん!!
つまり、船の中では寝てなかったんですねー。
1本目、キャンセルしてよかったー。
log.png


by yusuke
マングローブダイブ
2008年3月19日(水曜日)   

今回のツアーはバラクーダ、ギンガメアジ、カンムリブダイの行進等、ダイナミックなダイブも結構楽しめたのですが、私はあえて超マクロ派、マングローブダイブについて書きたいと思います。

マングローブダイブはマブール島から船で1時間ちょっとのセンポルーナという港近辺で行われます。
「じゃ、2時間後に帰ってきてねー」と海(川?)に放り込まれ、あっという間にみんなとはぐれました。
いや、別にいいんです。
もともと1人で潜るのが基本なので。
というのも、水深が5mくらいしかないから、バディー制をとる必要がない。
でも、最初は不安ですね。よく考えたら水の中で一人になったことって今まで一度もなかったので。
「2時間も時間つぶせるかなー。」と思いつつも、とりあえず川の端っこのマングローブ林まで行ってみることにしました。
一応、「マングローブダイブ」なんで。

ただ、川のど真ん中でエントリーだったんで、どっちのサイドも遠い遠い。
河口付近なので、両サイドのマングローブ林までは結構距離があるんですね。
最初はせっせと泳いでいたのですが、常に視界のどこかで何かが動いているのです。
そう、マングローブダイブはハゼ天国。
いたるところに飽きるほどハゼがいます。
そのうち泳ぐのにも飽きたので、その辺のハゼを観察してみました。

ハゼというと、穴の近辺で常に警戒しているイメージですが、5分くらいずーっと見てると、結構穴から離れます。
といっても、すぐ戻れる距離くらいまでですが。
長時間一箇所に居続けられるダイビングなんて今までなかったので、隠れたハゼが出てくるまでずーーーっと待っていられるというのは新鮮な楽しみでした。
隣には別のハゼがいるので、待っているのもそんなに辛くありません。

そんな中、迷子になっているギンガハゼを見つけました。

彼(彼女?)は自分の穴がわからなくなっちゃったらしく、他のハゼの穴に入ろうとして追い払われていました。
結局、穴は見つからずじまいでした。彼(彼女)がどうなったのか非常に気になります :oops:

そんなこんなで、マングローブ林にたどり着くまで1時間以上かかってしまいました。

帰りもハゼを観察しつつ、でもがんばって船まで泳いだのですが、船のほうで見つけて近づいてきてくれたので、もうちょっと余裕かましても良かったかなぁと思います。

かなり好みの分かれるダイビングスタイルですが、個人的にはかなり好きでした。
ハゼの種類を大して知らなかったことが悔やまれます。
次にマブールに行ったとしても、きっとリクエストするでしょう。ハゼ図鑑を持っていくこと必須です。


by yusuke
200本記念
2009年3月17日(火曜日)   

本日1本目は Blue Hole。
私200本、Chokuさん2000本 :-oの記念ダイブ。(書き間違えではありませんよ!二千本です!!)

まずは記念の水中集合写真。
このために旗を持ってきてくれた幹事のO君ありがとう!!
DSC00888p.JPG

さて、写真撮影も無事終了。
Blue Hole といえば、底から見上げる入り口がとてもきれいです。
「当然、下からあおった映像が欲しいよね」ってことで、私が先におりて全員の潜行シーンを撮影することに。

約30mの底について撮影開始。

ところで、撮影途中に悲しいことに気づきました。
ダイバーの皆さんはおわかりですよね?
30mに先人きって潜行したら・・・そう。窒素がたまるのです。
案の定、みんなが潜行しおわった頃には、ダイコンの窒素バーは結構な高さになっておりました。

というわけで、私、みなさんをずっと上から見守っておりました。
みんな気づいてくれなかったけど・・・ :oops:

ま、ある意味、とても印象に残る記念ダイブになりました。
何もしないで人を観察するって結構楽しいです。
水中人物写真専門のY君の気持ちがちょっとわかった気が :-D


by yusuke
ロタツアー予習
2010年4月25日(日曜日)   

ども。まったく仕事をしない副幹事Nです。
さすがに心苦しくなってきたので、ロタのダイビングポイントについてちょっとお勉強。
せっかくなので、ダイビングフェスタでもらった地図をアップしてみました。

ロタ_1.png

ロタといえば、ロタホールですが、ほかにも素敵なポイントがいっぱいです。

■No. 1 Point
 名前に惹かれちゃうじゃないですか。
 No.1の由来は、崖の岩肌に1という文字が見えることから名づけられたそうです。
 ぜひ見てみたいところ。
 マダラトビエイ、バラクーダなどの大物が見られる可能性大らしいですよ。

■Fireworks
 ここも名前に惹かれちゃうじゃないですか。
 由来はサンゴの根の周りに群れたハナゴイらしいです。どんな花火なのか楽しみです。

 華やかな名前のポイントですが、白い砂浜の広がる、のんびりダイブポイントらしいです。
 最近、仕事でストレスたまり気味の私にピッタリのポイントですな。

■Table Top
 個人的にかなり期待しているポイントです。
 だって、いっぱいハゼがいるらしい。
 マニア心をくすぐるポイント。

 あ、マニアじゃない人も大丈夫。
 チョウチョウウオやミクロネシアの固有種、ダスキーアネモネフィッシュが見られるらしいですよ。

 いやー、早く行きたくなってきましたね。


by yusuke
ヒマーーーー
2010年5月5日(水曜日)   

サイパン空港なう。
約5時間待ち…
暇暇です。


by yusuke
東京苑
2010年5月6日(木曜日)   

今晩のディナーはショップのミスガイドオススメ「東京苑」。
何かと移動に大変な大所帯な我々14名をホテルまで迎えに来てくれました。
今のところ出てきた料理:
*脂ののったシーラの刺身
*サツマイモのココナッツミルク煮 (おやつに良さそうなので作ってみたいと思いますby A.M. )
*チャロモ風の刺身どれも美味です。

残念ながら撮影するより早いスピードで消化されていくので写真はありません。
皆のビール追加注文のピッチも加速しています(^_^) ロタ初日ダイビングを満喫した一同の宴はまだまだ続きます!


by yusuke
最終日
2010年5月9日(日曜日)   

本日がロタツアー最終日。
現在はサイパン国際空港におります。

ロタツアー、あっという間でした。
青く非常に透明度の高い海、
夜はおいしいご飯と星空を楽しみました。最高です。
楽しいイベントの詳細はまた、レポートを更新する予定。(誰かが)

今日の一枚

ロタホールの素晴らしさを体で表現する幹事

 


by yusuke
高知龍馬空港到着
2011年9月9日(金曜日)   

ほぼ、定刻通り高知龍馬空港に到着しました!
しかし、飛行機からおりれたのは20時20分過ぎ。空港から高知駅への連絡バス最終便は20時30分。
いつ来てもドキドキします。

 今回、あれほど荷物は預け入れないでくださいって言ったのに、Mちーはカッターとピンセットが見つかり、没収か預け入れるかの選択をせまられ、預け入れてしまったのです。
どうなるMちーバスに乗れるのか!?

 


まー、ぶっちゃけ待っててくれるんですけどね。
とういうわけで、Mちーも無事乗車し、定刻よりちょっと遅れて35分くらいにバスは出発です。

SONY DSC

 *この記事はバスの中で書いています


by yusuke
南風23号
   

高知空港での慌ただしさとは対照的に高知駅では30分以上の時間が。
その間にビールを調達しました。
(※このレポートはビール片手に良い気分で書いております)

SONY DSC
暇をもてあます皆様

SONY DSC
南風23号はアンパンマン仕様。
こんな時間に乗るのはオッサンだけだろうって思うのは俺だけ?

南風に乗り込んだら、宴会スタートです。
だって3時間以上電車にのるんです。
2時間制の飲み屋より長いんですもの。

柏島と言えば、ハゼ。
といっても過言ではないほど、ハゼ天国なので、まずハゼの勉強会開始。

SONY DSC

DSC_0042
柏島で見られる超レアモノハゼ、ホムラハゼに興奮するHSMTさん

その後は、安全に潜るための勉強会スタート。
安全対策委員のHDK。いないけどナイスジョブ。

というわけで、長い特急の旅は続くのです。


by yusuke
柏島到着
2011年9月10日(土曜日)   

柏島に無事、到着しました。

着いて早々気づいてしまったことがあります。

私、マクロレンズを忘れました。
ライト用のアームも忘れました。
せっかく柏島に来たのに、マクロ系の撮影機材全部忘れて来た感じです。
なにやってんだか…


by yusuke
クマノミに攻撃された
   

クマノミに攻撃されたので、何かと思ったら、卵を守っていたみたいです。


by yusuke
祝150本
2012年8月18日(土曜日)   

本日2本めはMMさんの150本記念ダイブだったそうです。
みんなで記念撮影!
パチリ


by yusuke

53 queries. 0.134 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress