■ メイン
■ ツアー
■ ギャラリー
■ ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

レポート一覧

2018 大瀬崎日帰り・リフレッシュツア−第2弾

[無題]
2018年7月21日(土曜日)   

by oda
[無題]
   

by oda
I.O.Pリフレッシュツアー
   

フレンドリー会員Sです。

Oさん、FさんとIOPで先週末潜って来ましたので、その様子をレポートします。

まずツアーの名前は”大瀬崎”でしたが、当日の風向き、波の状況、透明度などを考慮し、
IOPで潜ることになり、車で移動しました。
当日の天気は快晴で暑く、雲もほとんどなく潜るにはちょうど良かったです。


今回私は約2年ぶりのリフレッシュ、Fさんが1年ぶりとリフレッシュの位置付け、
加えて9月に参加する八丈島企画の顔合わせとして潜りにいきした。
私自身は、機材の取り扱い方を一部忘れていた部分もあったので、潜る前に点検できてよかったです。


また今回潜るに来た目的のひとつで、吊るしのウェットスーツを最近買ったので、適正ウェイトを確認するということもありました。
I.O.Pは海水のプールがあるので、エントリー前に適正ウェイト確認とフィンキックの練習もできました。


早速、伊豆大島を前に眺めながら,10時16分から1本目のエントリーを開始し、

早々に警戒心の弱いこぶだいと遭遇。SONYのアクションカムで撮影しました。


続いて深度を下げていって砂場におりていって、この辺りで水温が落ちてきて、郵便ポストを発見し、付近では50CMのヒラメも目撃。

岩場で顔を出していたトウシマコケギンポと戯れながら、イグジット直前にはごんずいの群れに遭遇した。

一本目は潜水時間は50分、平均深度は10Mだった。


ここで昼御飯(カップ麺)を挟んで、12 時55分から2本目に向かいます。

ここでは、一本目との違いだけ述べると、
1.さらに深度を下げて26Mまで潜水した
2.新たな魚として、海天狗の幼魚、ハナタツ、ヒラタエイを発見

こうして無事にダイビングも終わり、機材を30分ほど乾かして、撤収しました。
I.O.Pはプールがあるので、機材類のクリーニングもお手軽にでき、快適なダイビング施設だなと実感しました。


結局、大瀬崎で無くて海洋公園へ
   


今回の幹事のOです。

当初は、大瀬崎リフレッシュツアーと言いましたが、結局、南西風が吹いて、透明度で大瀬崎と海洋公園を比較しても、透明度の良い方が海洋公園でもあったので、潜るポイントは、参加者の皆さんの意見も採用して大瀬崎から海洋公園に代えました。今回、一緒に潜りに行ったのは、私、Oと、遠い福島の地から潜りに来たSさんと、SMDCツアーは、柏島以来のFさんでした。3名で潜り行きました。


cid:image001.jpg@01D42CEB.E468B0F0


ちなみに、参加のSさんは、SMDC幹事が急病で倒れて行けなかった海洋公園ツアーの時も参加されており、海洋公園は、2度目の様でした。でも、海洋公園のプールは、はじめての様でした。


尚、海洋公園では、当日の南西風の影響で沖合には、白波がありました。しかし、海洋公園のエントリー口は、穏やかな感じでした。

個人的には、沖縄へ向かっている台風10号から来るうねりの影響を気にしてましたが、意外とうねりも弱くて、問題が無い感じでした。助かりました。

先ずは、ブランクのある方の体慣らしが必要と考えまして、海洋公園のプールを利用して、シュノーケリングの補足から入りました。



透明度は、20−5メートルでした。水温は、21度でした。



観た水中生物は、ハナタツ(黄色)、海天狗の幼魚(黒色)、ヒラタエイ(1メートル級)、ヒラメ(50センチ級)、コブダイ、アオブダイ、ブダイ、ヒトデヤドリエビ、トウシマコケギンポ、トカラベラの幼魚、マダイ、アジの群れ、イワシの群れ、タカベの群れ、こんな感じでした。


トウシマコケギンポ

cid:image002.jpg@01D42CEB.E468B0F0



by oda
2018 大瀬崎日帰り・リフレッシュツアー第2弾
2018年7月31日(火曜日)   


今回の幹事のOです。




ヒトデヤドリエビ


cid:image004.jpg@01D42CEB.E468B0F0


個人的には、先日のSMDCの川奈で亀とウミウシを観た時と比較すれば、私には、こちらの海の方が自分にあっていると感じました。また、今回、潜る前に海洋公園のプールでシュノーケリングから始めた事は、かなり、緩いイメージでブランクも解消する事が出来た様です。お二人とも、新しいウェットスーツでしたので、適正ウェイトが約2キロ多く必要である事にも、このプールのシュノーケリングの中で気が付く事が出来ましたので。。。このプールでのシュノーカリングは、有効なブランク解消となった様です。


ダイビング後、海洋公園から車で出発する際に、参加のFさんに、ソフトクリームを食べたいですね。と、問いかけたら、即答で、「子供も食べていたので、食べたいです。」と、返答がすぐに戻って来たので、ケニーズハウスのソフトクリームを食べに行きました。昔からあるお店ですが、ここのソフトクリームは、とても美味しいです。

その後、帰る車の中で、プリンを食べませんか?等と質問もしたのですが、特に食べたい。との返答も無いので、素通りしました。でも、暑かったので、ソフトクリームは食べたかったのでしょうね。そう感じます。


その後は、夕方17時過ぎには、婚活パーティ、いいえ、間違えました都内での大学時代の同窓会があるそうですので、参加のSさんは、熱海から新幹線で帰りました。・・・そう言えば、今回、参加のSさんは、朝のピックアップの時も遅れて来ていたが、帰る時もはやかった。何だか少し車の中が寂しくなりました。





夕食は、参加のFさんと、小田原漁港のわらべ菜で食事をしました。参加のFさんは、美味しいと言われてました。

私は、お魚が嫌いなので、いつもの通りの生姜焼き定食を食べました。



21時過ぎには、参加のFさんを御自宅に送迎して、22時前には、自宅に戻りました。お疲れ様でした。


おわり。。。




★参考ログ

 

★潜る前に海洋公園のプールでシュノーケリング。約30分間

 

★1本目:海洋公園(1の根⇒砂地)

 ・透明度=20〜8メートル

 ・水温=21.4℃

 ・エントリー時間=10時16分

 ・エキジット時間=11時06分

 ・タンク圧IN=210

 ・タンク圧OUT=90

 ・潜水時間=50分

 ・最大水深=21.4メートル

 ・平均水深=10.2メートル

 

★2本目:海洋公園(1の根⇒砂地)

 ・水面休息時間=1時間49分

 ・透明度=15〜5メートル

 ・水温=21.2℃

 ・エントリー時間=12時55分

 ・エキジット時間=13時45分

 ・タンク圧IN=200

 ・タンク圧OUT=80

 ・潜水時間=50分

 ・最大水深=25.8メートル

 ・平均水深=11.0メートル


span>


by oda

26 queries. 0.125 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress