■ メイン
■ ツアー
■ ギャラリー
■ ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

レポート一覧

2018 海洋公園日帰り・リフレッシュツアー第5弾

とりあえず、無事に終わりました! 4
2018年9月15日(土曜日)   


海洋公園ダイビングツアー幹事のOです。でも、今回、潜ったポイントは、大瀬崎湾内です。


大瀬崎のダイビング後は、ここ数年、美味しいと言われる食べログランキングにも入る・・・やまやへ移動して、お魚を食べました。





その後は、湘南平を観光してから、藤沢経由で帰宅です。



とりあえず、楽しく過ごす事も出来ましたし、想定規格外のハッカーKさんは、


来月の1020()ぐらいに、また、こんな感じの緩いダイビング企画があれば、参加されたい。そんな事を言って頂けました。



アクティブなEさんからは、来年の夏に、光キノコも観られるリーズナブルな八丈島ダイビング企画を考えて欲しい。



そんな話も貰えました。


そうだ、今日は、ある意味では、ベテランダイバーに復活されたTさんには、


いろいろな意味で、助けて頂きました。と言うよりも、業務の丸投げですが。。。ありがとうございました。




ダイビングログ


1本目 大瀬崎湾内


IN=10:58

OUT=11:56

潜水時間=58分

最大水深=16.8メートル

平均水深=10.0メートル

水温=26.2メートル


水面休息=2時間26分



2本目 大瀬崎湾内


IN=14:22

OUT=15:13

潜水時間=51分

最大水深=21.4メートル

平均水深=13.4メートル

水温=26.0メートル




by oda
想定の規格外の大きさハッカーK 3
   


海洋公園ダイビングツアー幹事のOです。でも、今回、潜ったポイントは、大瀬崎湾内です。


とりあえず、ダイビングも無事に終わったので、大瀬崎を後に出る前に、最後に、そのベテランダイバーのT・Kさんに一緒に居る画像を撮って頂きました。





なぜか、撮った画像は、最初も、最後も、想定規格外のハッカーKさんから、Tさん、Eさん、幹事のOの同じ順番で並んでました。

不思議です。


そう言えば、想定規格外のハッカーKさん、チャーミングなEさんで、体のサイズの比較をしてみました。



手のサイズ、違い過ぎます。




足のサイズ、これも違い過ぎます。<足のサイズは、29と22の違いです。>


まあ、想定規格外のハッカーKさん、いろいろな意味で、恐るべしです。




0pt;”>


by oda
さて肝心の海の中は・・・ 2
   


海洋公園ダイビングツアー幹事のOです。でも、今回、潜ったポイントは、大瀬崎湾内です。


とりあえず、潜る前に全員で1枚!ぱしゃり!小雨の天気の様子がわかる1枚です。




 


シュノーケリングが終わってからは、1本目のダイビングを実施し、1本目のダイイング後は、カップヌードルを食べて過ごして、


水面休息として、陸上で約2時間以上を過ごした後は、2本目のダイビングを実施。


とりあえず、2本のリフレッシュダイビングとなりますが、大瀬崎湾内で体験する事が出来ました。




透明度は、エントリー口の浅場が。。。ほぼゼロメートルの状態で有り、海の中は、土砂の影響と、小雨の天気で光が入らない事も有り、

3~10メートルぐらいでした。まあ、現地の海洋報告内容よりも数段に悪い感じでした。

水温は、26度でした。

観た魚は、ミナミハコフグの幼魚、スミゾメミノウミウシ、オトヒメエビ、・・・

後は、いつもの様に餌付けの際に、マダイ、アジ、クロダイ、マツバスズメダイ、カサゴ、こんな生物を観ました。




ちなみに、2本目のダイビング終了時の事です。

浅場の透明度10センチも観えない領域で、青いフィンを落としてしまい、

一生懸命に探したが見つける事が出来ないで、諦めて海から出て来たら、

知り合いのベテランダイバーのT・Kが探してくれました。流石は、有名なベテランダイバーのT・Kです。



t;


by oda
海洋公園で無くて。。。大瀬崎に! 1
   


海洋公園ダイビングツアー幹事のOです。でも、今回、潜ったポイントは、大瀬崎湾内です。


 


簡単に915日の土曜日の海洋報告を致します。


 


915日の土曜日は、大瀬崎湾内で潜りました。


915日の土曜日は、リフレッシュ企画の第5回目と言う事で、そろそろ大瀬崎と言うツアー名の看板をおろして、


ツアー名を海洋公園にしたい。そう思っていました。


しかし、やはり、そろそろ、時期的にも北東風が吹きまして、海洋公園は潜水注意となり、


レンタル費用の安いダイビングポイントでもある大瀬崎へ行く事と致しました。


 


先ずは、藤沢駅に朝6時の待ち合わせ、そのまま、大瀬崎へ潜りに行くつもりでしたが、


Eさんと会話した感じでは、アクティブな方と感じたのと、北海道地震や、関西国際空港の台風被害の話にもなった事から、


現地の大瀬崎へ到着する前に、いつもの観光第一弾で、丹那断層の見学ですが、約10分程度、実施しました。

得意のダイビングからの脱線です。


まあ、下記に画像を置きましたが、説明を聞かないとわからない内容の物ではありますが。。。とりあえず、この断層を観たEさんからは、


今は、地球規模でいろいろな災害が起きている時期でもある。と、何かしんみりと貴重な御意見を応えて頂きました。






さて、大瀬崎に到着するまでは、今回のリフレッシュは、Eさんと、想定規格外のハッカーのKさん、そう思ってました。

現地までに会話した感じと、器材の準備状況の様子も観た様子から、Eさんに関しては、

どうもあまり・・・リフレッシュの必要が無い様に感じました。

そんな点からも、大瀬崎に到着してからは、20186月の川奈で潜って以来となる本数が6本の

想定規格外のハッカーKさんと私の二人で、簡単に20分程度のシュノーケリングを大瀬崎湾内で実施しました。

こちらは、本数も少ないのだから、シュノーケリングを実施する必要があります。

 

海に入って、びっくり、透明度が無い!




「過去に想定した事が無い未曾有の大災害!」と、言う言葉は、いろいろと耳に入れてニュース等でも聞いていたが、

海にまでこの話があらわれたか!何じゃ!こりゃ!と言う感じでした。

 

先日の火曜日に大瀬崎の湾内の裏で山崩れが起きたらしく、その影響で大量の土砂が湾内に流れ込んだらしく、

大瀬崎湾内の浅場の水深1mあたりは、透明度50センチが観えない抹茶色の無い世界でした。

どうりで、何だか知らないが、大瀬崎の湾内に、重機が数台、入って来て、何らかの作業をしている。

そう思いましたし、結局、その日の1日がずぅーっと、小雨が続く状態の天候となりました。

 

ちなみに、大瀬崎の外海で潜る方法も検討しましたが、沖縄方面にある巨大な台風の通過で、

外海には、大きなうねりが入っているとの知り合いのベテランダイバーからの忠告も有り、八方塞がりとなりました。

 

でも、想定規格外のハッカーKさんとシュノーケリングで、大瀬崎湾内の沖合の水深3~7メートル近辺の水面まで行くと、

そう、ゴロタ下あたりまで水面を移動すると、何だか数メートルの透明度も有る領域も有り、ダイビングのエントリーのやり方も含めて、

何だか事前に構想を確認する事も出来たので、意外と有効なシュノーケリングとなりました。








by oda

22 queries. 0.130 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress