■ メイン
■ ツアー
■ ギャラリー
■ ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

レポート一覧

2007年三宅島プレツアー

三宅プレツアー 前説
2007年7月27日(金曜日)   

10/5~8の三宅島ツアーに先立ち、
下見ツアーに行ってきたのでそのレポートです。

【前説】

三宅島は過去SMDCで恒例のツアーポイントでしたが、
2000年の雄山噴火で全島避難指示が出され、
長らくツアーを開催することができませんでした。
2005年より観光客の受け入れが再開され、
火山活動も沈静化してきたことから、
今年2007年、ツアーの再開を計画しました。

黒潮の当たる三宅島の海は非常に蒼く、
温帯の生物と熱帯の生物が共存する稀有なポイント。

長らく人が入っていなかったため魚影が濃く、火山帯のダイナミックな地形が魅力です。


by tachi
三宅プレツアー 出発
   

【出発】

今回のツアーは斥候部隊として4人構成。
22:30に出船のため、21:30に出発地:竹芝に集合。
のはずが、15分過ぎてもAさんが現れません。
集合場所がわからないのか心配して電話をかけると
「まだ会社にいるんですけど、そろそろ出ます♪」
出船の45分前に未だ会社に??
どこまでも不安なツアーの始まりです。

出船時間も迫り、人も疎らなお土産屋。
されど待ち人は来ず。。。

ギリギリ駆け込んだ船内では、妙にハイテンション。
これから始まるツアーに期待(と不安??)が高まる。


by tachi
三宅島プレツアー 到着
2007年7月28日(土曜日)   

【到着】
夜明けと共に三宅島・三池港へ着岸。
硫黄臭こそしないものの、火山岩や立ち枯れの木々など
噴火の跡がいたるところに残ります。
それでも、緑は急速に回復しており、
みるみる風景は変わっていっているらしい。
島のエネルギーを感じる風景が続く。


by tachi
三宅プレツアー 1日目ダイビング
   

【1日目ダイビング】
宿舎で朝食、仮眠の後、早々に準備して三宅島初ダイブへ。
1本目は学校下。
溶岩に飲み込まれた学校の傍から、
岩場を乗り越えてエントリー。

そのとき、"バキッ!!!"と鈍い音が響きわたる。
1本も潜らぬうちからTのマスクフレームが破損。
フレキシブルマスクとなる。
更にはNさんもタンクバルブ開け忘れのお約束ボケ。
どこまでもトラブル続きである。

エントリーするとそんな不安も一気に吹っ飛ぶ澄んだ青の世界に、
黒潮直撃で水温も28℃と沖縄並の快適なコンディション。
ビーチエントリー直後から20~30mの透視度は圧巻です。
可愛らしいカゴカキダイのygに囲まれながら、ダイビングスタート。
伊豆では見慣れぬツムブリやクロユリハゼを見ながら奥へ進むと、
ミヤケスズメダイの卵守や、キツネベラのyg、
ヨゴレヘビギンポの婚姻色と旬な素材が盛りだくさん。
カンパチやキビナゴの群れもキレイな青に映えます。
更にはアオウミガメまで登場し、最高のスタートダイブとなりました。

2,3本目は三宅でもっともメジャーな大久保浜へ。
海水浴客も多く訪れるビーチポイント。
浅場でクダゴンベが見れるとあって、
喜び勇んでエントリー。
ところが、FさんのAIR兇らポコポコ泡が吹き出します。
一端は収まったかに見えたエア漏れも深度と共に悪化し、
遂には無念のエア切れ。
Fさんのオクトパスアセントは本ツアー最大のレア映像です。
オクトパスからエアを吸い、ライトも消えるトラブルの中、
黙々と撮影を続ける様はまさに執念。恐るべし。。。

岩場に佇むクダゴンベ

大久保浜の夕景


by tachi
三宅島プレツアー 一日目夜
   

【1日目夜】
宿舎での魚を中心とした夕食の後は、
同日開催されていた祭、マリンスコーレフェスティバルに参加。


踊りや獅子舞を見、地元名産ところてんを食しながら
夜店を物色して回ります。
最後は45分にわたる花火大会。
すっかり夏を満喫しました。


by tachi
三宅プレツアー 2日目ダイビング
2007年7月29日(日曜日)   

【2日目ダイビング】
本日も天気に恵まれ、快適ダイビングスタート。
1本目はユウゼン、ウミウシ狙いで釜の尻へ。
ユウゼンは残念ながら見れなかったものの、
超大群スカシテンジクダイの観察から、
ユビウミウシ、ヒラムシ等マクロもまったり探していきます。
カメのヒット率が三宅島随一とあって、
戻りがけにはしっかりアオウミガメも登場。
一瞬たりとも気を抜けません。

2本目はマクロ狙いで大久保浜へ。
今回はTの100本記念ダイブ。
SMDC新年会でGETしたウリ坊をかぶり、ダイビングスタート。
顔全体に浮力と抵抗、生暖かい視線を感じながら、
休みなく紹介される生物にかじりつきます。
最後はショップの計らいで旗を持って記念撮影。
ハマフエフキもお祝いに駆けつけました。
陸上ではサプライズビールかけの手荒い祝福を受け、
最高の100本記念となりました。

3本目は今ツアー唯一のボート、伊ヶ谷カタン崎へ。
エントリーした瞬間から、
キンギョハナダイ、カシワハナダイの群れ群れ群れ!!!
どこまでも続く群れを眺めながらのまったりダイビングで、
浮遊感を愉しみながら本ツアーのラストダイブを満喫です。


by tachi
三宅島ツアー 2日目夜
   

【2日目夜】
本日のアフターダイブは先月再開したばかりの温泉、ふるさとの湯へ。
鉄分を含んだ黄土色の温泉は源泉かけ流し。
夕暮れの露天風呂で旅の疲れを癒します。


夕食の後は、恒例ログ付け&ビデオ上映会。
肝心のビデオ撮影者Fさんは体調不良により不参加ですが、
ビデオをお借りし、三宅でのダイビングを振り返ります。
ここでまたまた、問題発覚!
Aさんのダイビングスキル向上の話から、
昨年エア切れを起こした大島ツアーでのログを確認したところ、
ログを記入していなかったことが発覚。
更には、4本しか潜っていないツアーで6本分のカウントがなされており、
経験本数詐称までもが明るみとなりました。
これで、自身が幹事を務める大島ツアーで行われる予定だった
100本記念ダイブが順延されることに。。。
Aさん、ログはちゃんとつけましょうね。


by tachi
三宅プレツアー 最終日
2007年7月30日(月曜日)   

【最終日】
最終日はダイビングなしの観光旅行。
ダイビングポイントや観光スポット、SMDC所縁の地をまわります。

北を上、南を下と呼ぶ不安いっぱいAさんナビで観光スタート。
交差点を過ぎてから「今のところ曲がって」とか
同じところをグルグル回るのは当たり前。
地図の表記がアバウトで散々迷って到着すると、
裏面に詳細地図が載っていた等、ボケボケ珍道中となりました。

見たいところを一通り回ったころには雲行きが怪しくなり、
雷とともに、一気に大雨が降りはじめます。
昼食中には電柱に落雷し、全島停電のトラブルまで発生。
文字通り嵐を呼ぶツアーとなりました。


by tachi
三宅プレツアー 帰着
   

【帰着】
怪しい雲行きながら船は大きく揺れることもなく、順調に航行。
島で買い込んだ酒、食料で宴会をしながらのまったり帰郷です。
今回のプレツアーの反省やら、これから始まる大島ツアーや三宅ツアー、
ビックツアー等について話をしながら、
これからの本格ダイビングシーズンに期待を膨らませます。

21:00。東海汽船の渋い音楽とともに、竹芝へ到着。
トラブル盛りだくさんの、波乱万丈ツアーは終了です。
皆様お疲れ様でした。


by tachi
三宅プレツアー 総括
   

【総括】
このツアーに先立つ、昨年の9月連休に三宅島訪島を計画したものの、
悪天候により中止となって以来、念願の三宅島訪島となりました。
ショップの方を含め、宿舎の方々、飲食店の方々、
三宅島の人々は非常にアットホームでほのぼのとした時間を楽しむことができました。
2泊4日のスケジュールでは、三宅島のほんの一端しか見ることができておりませんが、
それでも三宅島の奥深さを感じました。
海がキレイ、生物層が豊富であることはもちろんのこと、
島に流れる空気感が魅力的です。
是非、三宅島を訪れてみては如何でしょうか。

最後に、この下見ツアーにご参加いただいたFさん、Aさん、Nさん。
お蔭様で楽しいツアーとなりました。ありがとうございます。
本ツアーでも宜しくお願いします♪


by tachi

Comments

  1. mtsutsui
    楽しかったみたいだねー
テスト(筒井)
2007年9月13日(木曜日)   

いいなー三宅

:cry:

いいなー


43 queries. 0.101 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress