■ メイン
■ ツアー
■ ギャラリー
■ ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

レポート一覧

2012 美ら海ツアー

冬・美ら海ツアー
2012年12月6日(木曜日)   

日 程:2012/12/06(木)〜10(月)

宿泊宿:ロコイン沖縄

利用DSSEASIR那覇店

目 的:美ら海というと夏のイメージが強い。過去SMDCの沖縄ツアーは多数開催されて

いるが、小生の知る限り殆どが夏である。しかし四季の移ろいは海の中もある。

季節各々の良さを知ってこそ、美ら海での眞の魅力を極める事になるものと思わ

れ、敢えて気候の厳しい冬季に開催した。

12月6日(木)

深夜、JL927便で那覇入り。寒い内地から到着した躰には生あたたかい風が心地良い。

しかし陸ではあたたかくても、海に出ると身を斬る寒いさを感じられるのが不思議な処、

明日からのダイビングも心して臨みたい。

12月7日(金)

朝、0840ホテル迎車。通常より1時間遅いPIK UPであるが、本日はお客がたった3名の為、TROPICOの船に相乗りすることになり、先方の都合で出帆が遅くなったとの由。

當然乍、お客が少ない事は大歓迎である。

先ず、入ったポイントは慶伊瀬ナガンヌ「亀市」。那覇から船で僅か10分、那覇市民にとっての海水浴場であるナガンヌ嶋の沖合である。因みに、この無人嶋は行政上は渡嘉敷村に属し、れっきとした慶良間諸島の一部である。

名前通り、亀の多いポイント。しかも隣の神嶋が赤海亀で有名なのに対して此処は青海亀が多く見られる。予定通り、青海亀に加え、煽烏賊群れや、隠蝦SPなどを見る。

2本目は座間味嶋に渡り、嶋の南部、唐馬湾に位置する「唐馬龍女(ドラゴンレディー)」に入る。ドラゴンレディーの名前でピンの来る人は可成りの業界通。1989年公開され第二次ダイビングブ―ムの切欠となった映画「彼女が水着に着替えたら」の水中シーンの撮影場所になった処。映画で使われた飛行機のセットも海底に沈んでいる。

實は此処、小生が慶良間で一番、好きなポイント。まっ白な砂地に所謂熱帯魚が群れる、

絵に描いた様な美ら海光景であると共にマクロ被写体の寶庫なのである。

大紋蛙安康JR2種、細風来魚、龍之八十仔、弁慶鯊、草色模様海牛等を見る。

3本目は慶良間海峡のど真ん中「まちゃん礁」に入る。立地的に常に流れているが、魚影も濃く、霞蝶々魚、柏花鯛、グルクン複数種、雛銀保、花髭打保等を見る。

1600帰港。ログ付け後、1730にはホテル到着。夜は役所の友達たちと忘年会。

深夜、Eさん到着。

今里のログ:気温22度/風NE/浪1.5

ポイント

透名度

水温

最大深度

平均深度

潜水時間

亀市

20m

23.1

19.3m

11.6

47

唐馬龍女

20m

24.0

17.8m

11.3m

51

まちゃん礁

20m

23.7

20.4

13.1m

43

128日(土)

0740ホテル迎車。0830Lucky號出帆。船には小生の社外の海仲間達が多数乗船。お客の99は内地から空路やって来るリピーター達。小生は年数回、SEASIR那覇店を利用しているが何時も同じメンバーが偶然一緒になる。これがSEASIR那覇店の不思議なところ。

本日は渡名喜遠征日。絶海の孤島故、海況も厳しく、何時でも誰でも行けるわけでは無い。それだけに手つかずの魅力が残る、秘境である。

1本目は「Blue Hole」に入る。本来、名前通りの洞窟ポイントであるが小生始め穴嫌いのお客が多かった事もあり、我々のGpは誰も入っことの無い裏側のドロップオフに入る。

花権兵衛、菫長花鯛、霞蝶々魚、土佐奴(レア!)、雛銀保、斑色海牛等を見る。

23本目は「Blue Corner」に入る。海底40mからそそり立つ垂直のドロップオフを流す。

何時ものこと乍、湧きだす魚影に感動する。尚、小生は皆と別れて少々深場偵察。大物も

見る事が出来た。

磯鮪、霞鯵、眼鏡持魚(ナポレオン)、青血引、錘鰤

縁取花鯛、赤星花鯉、花権兵衛、茜花鯉、菫長花鯛、雛銀保、南銀保(黄化個体)、ゼブラ鯊等を見る。

今里のログ:気温19度/風N/浪2.5

ポイント

透名度

水温

最大深度

平均深度

潜水時間

Blue Hole

25m

24.0

34.2m

12.9

49

Blue Corner

25m

22.9

43.3m

15.5m

44

Blue Corner

25m

23.6

47.2

15.3m

47

続く・・・


by Egawa
冬・美ら海ツアー(続き)
   

129日(日)0830出帆。本日は慶良間最西端の久場嶋周辺で潜った。

日に日に気温が下がり、本日気温は18度。内地でこの時期18度といえば暖冬と言われるが、沖縄で体感する18度は厳冬である。また浪も3.0mに上がり、船酔いに苦しむダイバ―も續出。常夏のイメージで、この時期来ると痛い目に遭う。

1本目は「久場南」に入る。ミニドロップオフの下の方には花権兵衛や菫長花鯛が群れていた。また木細工海牛や千点色海牛等海牛の数々。海牛の出現に厳冬到来を感じる。

2本目は「紺瀬」。どちらかというと大物狙い。前回は大𩸕を小生見ており期待したが、これは今回、坊主。その代わり、青海亀の子供や、遊泳する帝海牛を見た。

3本目は「鰤嶋」。ニューポイント故、未だ未だ未知数のポイントであるが磯鮪や錘鰤の群れが出現、これから大いに期待したい。

今里のログ:気温18度/風N/浪3.0

ポイント

透名度

水温

最大深度

平均深度

潜水時間

久場南

20m

24.1

30.7m

15.1

45

紺瀬

20m

24.3

14.4m

07.8m

52

鰤嶋

20m

24.1

26.9

13.1m

48

本日、2DIV目でEさんが200DIVを迎えた。昼は乗船者一同でお祝い。帰港後、ログ付時にはSEASIR那覇店からお祝いのケーキが提供された。

Eさんは6年で200DIV。着実なペースで経験を積まれており、安全潜水で20,000DIVを目指して欲しい。

因みに本日、乗船していた昨年までフェリカネットワークスに在籍していたYKさんも本日、記念DIVを迎えた。4年で1,200DIV。ソニー関係者が2人も同じ船で記念DIVを迎えるというのも不思議な縁を感じる。

写真等下記URLご参照

http://seasirnaha.ti-da.net/

閑話休題

沖縄というと大変な遠路というイメージを持たれる方が多い様に思われる。しかし週末、最終便に搭乗すれば翌朝からは土日6DIV出来る。現にこうしたダイビングを楽しんでいるダイバ―は多数居り、今回、小生は往路のフライトでは複数の知人に会った。

SMDCでは沖縄というとビッグツアーの冠が付くが、本嶋ステイに限って考えれば、近場の泊まりがけダイビングと殆ど変わらないのである(もっと沖縄で潜りましょう!)。

ツアー幹事にとって悩みの種は、フライト予約と思われる。最安値のフライトを予約する為、2ケ月前から必死の思いをする。しかしフライトは近頃多様化している。好みのエアラインもあるであろうし、マイルを使う人もあるであろう。(小生自身、12月に有効期限切れを迎えるマイルがあったので、今回のフライト料金は只)。また会社員は誰でも出張の航空券は自分で手配しているではないか。そうした意味で今回、Eさんには申し訳なかったが、フライトは各自手配とした。

前述の通り、冬季の沖縄の海況は結構ハードである。船酔い患者続出の船内(そんな中、Eさんは読書に励んでいた)、海に馴れていない人には厳しい海である。その代り、夏場のダイビングでは殆ど行かない、秘境ポイントに入れるのも大きな魅力である。

以上、今回は少々、何時もと違うツアーを実施してみた。今後のSMDCツアーの何らかご参考になれば幸甚である。


by Egawa
冬の沖縄ダイビング!
2012年12月9日(日曜日)   

行ってきました、Cさんの美ら海ツアー!

冬の沖縄、曇っていて北風も強く、ほんと寒かった~

それでも参加者は多く、船が一杯になるほどでした。

参加メンバーはCさんのお知り合いが多く、さすがの強者ぞろいです。

なんとダイビング始めて4年で1200本を達成している女性も(驚)

多い年は1年で600本とか…本業じゃないのに…

 

私事ですが、このツアーで200本記念を迎えました!

 

強者ダイバーに囲まれ若干委縮気味w

 

水中で胴上げ。

 

さて海はというと、

ダイナミックな地形、きれいな珊瑚、きれいな小魚の群れなどなど、

さすがの沖縄でした!


by Egawa

19 queries. 0.127 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress