■ メイン
■ ツアー
■ ギャラリー
■ ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

レポート一覧

2013年 30周年記念イベント

キックオフ!
2014年1月18日(土曜日)   

水面下ではいろいろ動いていた30周年PJ。

なっちの原因不明の腹痛とかの障害がありましたが、

1月18日渋谷某所で無事キックオフを迎えました♪

 

初日から活発なやりとりしていましたー。

私は見てるだけーふふ♪

2時間のミーティングでネタは膨らんで、

さぁて間に合うのかしら・・・(汗)という不安ありつつ

その後は渋谷の静かなほうに移動して美味しいもの食べてきたのでした。

美味しいものの会にだけ参加したふとどき者もいましたっけ(笑)。

楽しければOK♪


by uruma
映像班お仕事中
2014年2月5日(水曜日)   

さむーい2月5日横浜某所にて映像班がなにやら画策中。

集まった場所こそ飲み屋さんですけど、みんな至って真剣そのものです(`・ω・´)!!

・・・え?楽しそう???

 

写真間違えた!!こっちこっち↓

 

30年というとツアーの開催の仕方も連絡手段もだいぶ変わったんです。

以前はプリント作って回覧→参加用紙を切り取って書いて提出とか

なかなか苦労していたんです。

最初の頃は社内newsに乗せて興味ある人は内線で連絡とか(笑)。

 

今はネットでエントリーぽち。なんかあってもメールで連絡、ラクチンですねぇ・・・

↓これ1998年のビッグツアー「パラオ」のツアー案内

手が込んでます!!!

こういうのを振り返るのもまた楽しい節目。

 

↓色々振り返りながら飲むお酒は美味しいね、みずぽん♪

(&仕事中のばや兄とのギャップwww)

 


by uruma
下見は大雪の中で
2014年2月8日(土曜日)   

都内に49年ぶり?の大雪が降った日。

 

あらかじめ手分けして事前調査を実施し会場候補をいくつかに絞り込んでいた会場班は

あとは下見だけという段階にいた。

3月は卒業シーズン、なんとかここまでには決めておきたいところ。

なのになのに…土曜日にドカ雪・・・

 

せっかくの休日に下見に行けない。そんなところに、

がっかりムードを払拭する勇者なっちとなすねちゃん!

 

今日は雪だから無理しない方がいいって言ってるのに

「下見行ってきます!」

というなすねちゃんの元気なメールに、逆に大丈夫か!?

送ってきた写真も、「これどこの雪国ですか?」というものばかり。

 

吹雪いてるし…

 

積もってるし…

 

なっち「クローク外ですけど屋根あるし大丈夫ですよね?」

寒そうでしかないですけどね・・・

 

根性で会場を決めてきた猛者がいたということだけでも記録しておこうと思う。


by uruma
photobookの打合せ@某カフェ
2014年3月1日(土曜日)   

土曜日の午後、photobookの入稿前最終打合せ。

予定より早く着いちゃった。

ほどなくパリスから

眼科の云々で30分遅れます

の連絡。

慣れ親しんだはずの品川で迷子になるE沼さん。

相変わらず集まりは悪い。これはもうSMDCの伝統なのか?

 

とはいっても、いざみんな集まって作業が始まるとみんな白熱!

土曜出社のぶんぶんも合流して

あーでもない、こーでもない、と最後の最後まで修正修正で頑張りました。

 

みんなの真剣そのものの表情を、私ったらうっかり写真撮るの忘れてしまったので

イラストで再現してみます。


by uruma
寸劇やるって!?
2014年3月5日(水曜日)   

映像班から変な連絡来たのが2月27日(木)のこと。
VTRを編集中、ずっと座談会の様子を流していると単調になるので
ちょっと変化球が欲しいということでこの企画に。

言ってることは分かるけど、もう3月になるのに?
15日が本番なのに??

膨大な座談会のVTRを編集するっていうだけでも相当大変で遅れも出ているのに…
それに加え当日配るためDVD制作に間に合わせるには3月8日までには終わらせないといけないのに…

でも、この30周年は妥協はしないのです。
脚本・演出・監督のよっしーの熱意も感じました。
そして出演依頼のメールを受け取った部員のレスポンスも早く、そしてノリノリwww
これならいけるよー。

ということで2月27日に企画があがって3月5日撮影。
1週間もしないうちに…この機動力、神がかり的!

そして当日は大雨。
女優(??)は髪が命なのにー!(笑)と叫びながら撮影会場に向かいます。
海っぽいTシャツに着替えてダイビングサークル感を出します。
たぶん伝わってない(笑)。

誰これ?(笑)

台本は当日だったので、カンペ用意しました。
ラッチがナイスアシスタントっぷり♪
自分も大事なセリフがあるというのに撮影の合間は積極的に手伝ってくれました。

テニス部部長は松岡○造感を出せという指示。
部室でもずっと素振りしてます。そしてちょっと上目線のイヤなヤツだけど
熱い気持ちには答えずにはいられない、そんな熱演をヒデキが実現。
ここら辺から監督のよっしーがだんだん厳しく指示出しするように…ノッてきた??

スキー部部長。エアスキーのモーションが小さいと何度も撮り直し。
ももちは「スキーなんてやらないから分からないよぉー」と悲鳴をあげてました。
そういえば彼はスノボの人でした。
ここ最近のスノボで大ジャンプ→意識失い病院搬送が記憶に新しい…

会議室の都合で1時間しか時間なかったんですが、
警備の人に無理言って2時間使い、無事に撮影は終了。ここから編集で…なんとかなるのかしら。。。
終了後飲み屋に移動し、どういう演出にするか熱く議論。
アイディア出しながらお酒飲んで、

まさに24時間戦う映像班、ブラボー。


by uruma
寸劇やるって!?その2
2014年3月9日(日曜日)   

DVDを業者に発注する日に間に合わない!
そんな不安を抱えて、最後の編集作業に。

3月9日日曜日品川のカラオケボックスには、
ばや兄とヒデキ、そして私の3人が集結。
カラオケボックスに入るなりカラオケのメインボリュームをゼロに(笑)。
テレビにPCをつなぎ前線基地完成です。

寸劇のイメージは、何か有名なドラマ音楽を下地にすれば
きっと伝わりやすくなるのでは?
とアイディア出しの時にそういう話になり、
踊る大捜査線とかルーキーズの名前が挙がっていましたが、
半沢直樹は旬だし、組織と戦っているストーリーなので良いかなということで採用。
後半はルーキーズで仕上げることに。

ヒデキと私のこまかーいダメだしに対応するばや兄。

自分のシーンを幹事特権で削除しようと提案する私(笑)。
全力で却下される。。。トホホ

 

良い仕上がりになってきたんじゃない??の笑顔。

 

当初2時間で取っていた部屋が1時間延び、2時間延び、お店の人に
フリータイム価格の方がお得ですよと言われて、結局5時間。
満足の仕上がりになりました♪

お疲れ様を言うとそのまま、ばや兄は最後の仕上げのために自宅へ、
私はDVDの作成リードタイムを縮めるためにレーベル印刷だけでも、と電気屋へ。

こんなに余裕なくて大丈夫なのか、不安を感じながら最後の1週間を迎えるのでした。

 


by uruma
最後の追い込み
2014年3月15日(土曜日)   

30周年は妥協しない!
とは言え…前々日のダメ出しはいかがなものか。

3月13日(木)。最終確認会と称して集まりを計画。
この日はゲーム班の仕上がりチェックです。

ずっとゲーム班のことは頭の片隅で気になりながらも
厚木メンバーで作業しているためなかなかシェアできず
本番2日前でのチェックとなりました。
でもくーぱーとはじめちゃんががっちり進めていてくれて
動作はバッチリ。
ただゲームチームの受難はそこじゃなかったのです。

当初の予定よりも映像チームのボリュームが増大。
このままだと収まりきらない!
そのしわ寄せがゲームチームに。
ルール自体は変更できないけど、
パワポの順番を変更しよう、
当日の段取りを変えよう、
と修正てんこ盛り。

結局景品の画像があったりなかったり、
なかなか完成しないまま、ゲーム班のパワポ最終稿があがったのが当日朝。

そのほかも表彰の品物がどうなるかわからないとか
表彰状が刷り上がらないとかで、表彰担当のももちが最終的に入稿したのも当日朝。

そして、DVD入稿後も度重なる映像の追加で当日用のVTRが完成したのも当日朝。

ちなみにジェスターの2ダイブフリーチケットが刷り上がったのは当日昼です(笑)。

 


by uruma
30周年いよいよ当日に!
   

長かったようなあっという間だったようなそんな準備期間を経て、
とうとう当日に。

思えば12月の忘年会の時に予告編VTRを流した直後に
雁兄さんに
「ハードルあげちゃったね」
と言われて、
“これ大丈夫なのかなぁ?"という不安でいっぱいだったこと。

グランドコンセプトが出てくるまでの間悶々として
年末年始はSMDCの夢とか見ちゃって、これが初夢?みたいになっていたこと。

キックオフでアイディアがどんどん膨らんで嬉しかったこと。

OBの方たちと準備段階から交流できたこと。

座談会や寸劇など、本番に至るまでにいろんなイベントがあったこと。

実際に動き始めてからは30周年PJメンバーのモチベーションが高くて
毎日毎日進化
したのを実感したこと。

こんなに贅沢な経験なかなかできないって思いが高まったところに
完成したVTRを見てうるっときたこと。

いろんなものを持って当日を迎えたらそれ以上に

参加した人とスタッフとみんなが笑顔だったことに勝るものはなかったです。

30歳、おめでとうSMDC!


by uruma

34 queries. 0.095 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress