■ メイン
■ ツアー
■ ギャラリー
■ ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

レポート一覧

2008年マブールツアー

コタキナバル
2008年3月16日(日曜日)   


初日、目的地に到着できないため、経由地のコタキナバルで一泊です。
ホテル到着が23時過ぎということもあって、有志にて近場のお店で軽い食事へ!


フトドリンクを選択する中、「サーシ」というファンタのような飲み物をゲッツ:pint:
この飲み物、異国情緒溢れる味で、一度飲んだらぜったい忘れないものでした:-o

「マレーシアに来た〜
;-)」って感じがしました。


IMG_3285.JPG

食事が終わって、私一人繁華街(アジアンシティー)へ!
目的は、お土産用のインスタントミゴレン。
お土産にインスタントラーメン?と思う人も多いでしょうが、東南アジアって、結構インスタントラーメンの種類が多いんですね。
その土地土地の特色も感じられ、お土産に持って帰ると様々な反応を楽しむことができます(不評の場合も、、、:roll:)。
ということで、コンビニを見つけて10個ほど購入してきました。

IMG_3718.JPG

ホテルに帰る途中、きれいな花が咲いていました。
これからの旅にいいことありそうな予感!
IMG_3288.JPG

お魚の話でなくてスミマセン(ぺこぺこ)。


2008/03/16
   

早朝5時コタキナバルのホテルを出発して国内線でタワウへ。その後バスでセンポルナへ向かいました。
睡眠3,4時間のためか車中は爆睡です・・・
センポルナにつくと早々とスピードボードに乗り換えていざマブール島へ。
青い海と快走なスピードボードに揺られテンションが徐々に上がっていきます。

およそ45分くらいたって水上コテージが見えてきました。
やっと到着です。ここまでくるのに1日半・・長かった〜〜。
現地の人が一列に並んで音楽とともにお迎えしてくれています。
誰かが言ってたようにほんと天国に来たかのようです。
ウェルカムジュースと一緒に諸手続きを終え、いよいよダイビングへ。

1回目はチェックダイブです。
マスククリアとレギュレータ外しです。
以前に来たこと人はチェックダイブをパスできます。
僕はまだ初心者なのでとてもとても緊張しました。。。
その後パラダイス1と呼ばれるポイント付近を散策しました。
チェックダイブの後から知りましたがなんと大西さんがこのチェックダイブで
ちょうど100本目を迎えたそうです。100本目がチェックダイブとはなんとも言いがたいですが
おめでとうございます!!後でちゃんとお祝いがありましたよ。

初日はその後に1本潜ったのと合わせて2本で終了。
緊張していたせいもあり、初日はカメラを持って潜らなかったこともあり、
初日に見たものはあまり覚えておりません。。。
基本的にマブールで大物はあまりいなくマクロが中心です。
大物はやっぱりシパダンですね♪

夜は6時からハッピーアワーへ。バーで通常料金で2杯飲める時間です。:pint:
その後夕食を食べて初日は早めに就寝。朝早かったですしね。。明日も朝早いですからね。。

明日は早朝シパダン出発です。果たしてみな起きれるのでしょうか?
乞うご期待。。。


by yoshii
カンムリブダイの行列
2008年3月17日(月曜日)   

シパダンの早朝ダイビングは、ブダイ好きな私のハートにクリティカルヒットでした。

特に大接近で見つめあった一時。 あの、濁った瞳。 インコのようなくちばしの、なんと大きなことでしょう。

ガリガリ珊瑚をかじっているところも見たかったです。

今回のツアーでは行きませんでしたが、シパダンのナイトダイビングでは、岩のくぼみすべてに、あのカンムリブダイ達が納まって眠っているそうな。是非拝見したいものです。

それから今回、特筆しなければならないのは、やはりういろうについてでしょう。

SMDCで船酔い・波酔いにかけては3本の指に入る船酔い四天王の私ですが、今回、実に、まったく無縁だったのです。

Sさんの勧めで購入した薬でしたが、酔いにかけては絶対の自信がある私。酔い止めの薬なんてハナから信じてなかったのです。

「なんにでも効く」というその薬も、整腸剤代わりに服用していたのですが、まわりで酔っている人を見て初めて、その効き目に気づいたのでした。

ああ、酔いのないダイビングとはなんてすばらしいのでしょう。これからういろう印籠はダイバー必携の品、ダイコン・BC・レギュレーターとともに、なくてはならない七つ道具の一つになっていくかもしれません。

 

 


by Homma

Comments

  1. ゆうすけ
    Hさんへ
    カンムリブダイの行進写真、プレゼントです
     
    カンムリブダイ
  2. Homma
    ゆうすけさん、ありがとう。早速デスクトップにしてみました。
マブール島
   

この日はダイビングを一回お休みして島の探索。

マブール島は30分程度で一周できる小さな島です。

百聞は一見に如かず、という事で写真で紹介します。

太陽が眩しい!

しばしお昼寝。。。。

水上コテージ。一部屋2,3人で宿泊 

優雅に読書タイム

ダイビングをせずにのんびりするのも良いです。

#しかし、今思い返すと自分がダイビングを休んだのはこの日くらいでした。。。


by mizuno
マングローブダイブ
2008年3月19日(水曜日)   

今回のツアーはバラクーダ、ギンガメアジ、カンムリブダイの行進等、ダイナミックなダイブも結構楽しめたのですが、私はあえて超マクロ派、マングローブダイブについて書きたいと思います。

マングローブダイブはマブール島から船で1時間ちょっとのセンポルーナという港近辺で行われます。
「じゃ、2時間後に帰ってきてねー」と海(川?)に放り込まれ、あっという間にみんなとはぐれました。
いや、別にいいんです。
もともと1人で潜るのが基本なので。
というのも、水深が5mくらいしかないから、バディー制をとる必要がない。
でも、最初は不安ですね。よく考えたら水の中で一人になったことって今まで一度もなかったので。
「2時間も時間つぶせるかなー。」と思いつつも、とりあえず川の端っこのマングローブ林まで行ってみることにしました。
一応、「マングローブダイブ」なんで。

ただ、川のど真ん中でエントリーだったんで、どっちのサイドも遠い遠い。
河口付近なので、両サイドのマングローブ林までは結構距離があるんですね。
最初はせっせと泳いでいたのですが、常に視界のどこかで何かが動いているのです。
そう、マングローブダイブはハゼ天国。
いたるところに飽きるほどハゼがいます。
そのうち泳ぐのにも飽きたので、その辺のハゼを観察してみました。

ハゼというと、穴の近辺で常に警戒しているイメージですが、5分くらいずーっと見てると、結構穴から離れます。
といっても、すぐ戻れる距離くらいまでですが。
長時間一箇所に居続けられるダイビングなんて今までなかったので、隠れたハゼが出てくるまでずーーーっと待っていられるというのは新鮮な楽しみでした。
隣には別のハゼがいるので、待っているのもそんなに辛くありません。

そんな中、迷子になっているギンガハゼを見つけました。

彼(彼女?)は自分の穴がわからなくなっちゃったらしく、他のハゼの穴に入ろうとして追い払われていました。
結局、穴は見つからずじまいでした。彼(彼女)がどうなったのか非常に気になります :oops:

そんなこんなで、マングローブ林にたどり着くまで1時間以上かかってしまいました。

帰りもハゼを観察しつつ、でもがんばって船まで泳いだのですが、船のほうで見つけて近づいてきてくれたので、もうちょっと余裕かましても良かったかなぁと思います。

かなり好みの分かれるダイビングスタイルですが、個人的にはかなり好きでした。
ハゼの種類を大して知らなかったことが悔やまれます。
次にマブールに行ったとしても、きっとリクエストするでしょう。ハゼ図鑑を持っていくこと必須です。


by yusuke
シパダン島
2008年3月20日(木曜日)   

シパダンといえば大物。大物といえば自分(?)

ということでシパダンの大物たちをレポートしたいと思います。

まずはカメ。

DSC00412_R.jpg

そこら中にいます。

人慣れしているのかあまり逃げません。

次にギンガメアジ。

DSC00863_R.jpg

これだけの数がいると圧巻です。

この写真を撮影中、気がつくとギンガメアジに囲まれてました :-o

そしてカンムリブダイの群れ。

DSC00463_R.jpg

写真には一匹しか写っていませんが、

延々と数十~百匹くらい群れをなして行進します。

朝の出勤と言われていますが、昼間は見ることはありません。

どこに行ってるんでしょうね?

最後にバラクーダ。

DSC00384_R.jpg

バラクーダが渦を巻いている姿は圧巻!

シパダンに来た甲斐がありました :-)

大物天国!なシパダンでした。

 

※ 写真はCyber-Shot DSC- T300の水中モードで撮影しました。

素人の僕でも綺麗に取れます ;-)


by mizuno
無制限セルフダイブ
2008年3月21日(金曜日)   

シパダンのダイナミックなダイビングも魅力的ですが、
このツアーの醍醐味の一つが無制限セルフダイブ。
ダイビングセンター前に広がるパラダイス1・2で
気の向くままにバディダイブが楽しめます。
朝食前やボートダイブの合間、ファンダイブ終了後、
サンセット、ナイトと1日中ダイビング三昧♪

ゴロタ上で魚と戯れるも良し、砂地にボーっと浮かぶもよし、
エビ・カニ・マクロ生物に張り付くも良し。
思い思いのダイビングが楽しめます。

滞在期間中十数本に及ぶセルフダイブの中でも、
最もコアだったのが、最終ダイブ。
夕暮れが近づく時間帯には夜の生物が活動をはじめ、
真昼間とは雰囲気の異なるダイビングが楽しめます。

砂地に点在するブロックやイソギンチャクをハシゴしながら観察すると、
夥しい数のエビ・カニ類が群れており、
廃木の裏には細かな生物がウジャウジャ。

万人受けのしないマニアックダイブを実行できるのも、
無制限セルフならでは。
自由人なあなたに是非オススメ!!


by tachi

35 queries. 0.136 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress